calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

categories

archives

ブログ村

広告

広告2

ラップタイマー祁弉荵脇亜

0

    まずは下のラジコンラリーの動画を見てください。

    第3回RCカー・ラリーフェスティバルinしらかば2in1ではこんな感じになるのかなーなんて見てました。

    むむっ!!

    すごいことに気がつきました。

    スタートから4秒くらいまで映っているモニター画面、おそらくラップタイマーだと思われます。

    RCカー・ラリーフェスティバルでもRCC・RF LAB(RCカー・ラリーフェスティバル 研究所)が開発した専用ラップタイマーを使用しています。

     光電センサーに改造したテンキーをつなぎ、USB経由でRCカーのタイムを計測するものです。

    たぶん動画に出てくるラップタイマーも原理は同じのようです。

    これまでにRCC・RF LABが開発したラップタイマー気任1台のみ計測できる仕様となっていて、まあスタートしてゴールするまでのタイムが普通に表示され、声でタイムを読み上げてくれるものとなっています。

    複数台測定できるといいのですが、複数台走っていると誰がゴールしたかわかないため、仕方なく1台だけ専用ラップタイマーとなっているのです。

    ラップタイマー兇任蓮∧数台計測できるようになっています。

    しかし、現在時刻が表示するようになっていてゴール時も時刻が表示されます。

    これは、ゴールしたときに誰がゴールしたのか判別できないため、苦肉の策としてそうなっています。

    ゴール時刻からスタート時刻を引くことで走行タイムを算出することで複数台計測できるようにしているのです。

    しかし、最終的には個を特定しないとならないため、別にエクセルで作った表から該当する人の欄をみつけ、スタート時刻とゴール時刻を手入力することで走行タイムを算出しています。

    また、時刻表示だけだといつスタートしたらいいのかわからないので、シグナルと女性の声によるスタートガイドが付いています。

    実際やってみるとラップタイマー自体は問題ないのですが、走行タイムを出すためにゴールした時刻を入力するためにエクセルに打ち込む量が多くて時間も手間もかかり面倒くさいのです。

    さて、話を動画に戻しましょう。

    動画では、1分50秒台から始まって2分ちょうどにラジコンカーがスタートしています。

    実車のラリーでも1分間隔で走るのは普通なので、この人は2番目に走る人なのでしょう。

    3番目の人は3分ちょうど

    4番目の人は4分ちょうどにスタートすることになります。

    このRCカーラリーでのラップタイマー表示は0秒からのスタートとなっています。

    それぞれゴールしたときは計測を終了させるのではなく、ラップタイムとしてメモリーしておくようにしてあるようです。

    こうすることで、1番目に走った人はゴールしたときのタイムがそのまま走行タイムなり、2番目の人はゴールしたときのタイムから1分引いて、3番目の人はゴールしたタイムから2分引けばよいことになり、暗算で走行タイムを出すことができます。

    つまり、RCカー・ラリーフェスティバル専用ラップタイマー兇皀好拭璽班充┐鮓什濟刻ではなく、0時0分0秒表示からスタートさせれば動画のラップタイマーと同じ仕様になります。

    しかも、こちらはシグナルと音声によるスタートガイド付きです。

    残念ながら最初に走って人以外はゴール時にはずれたタイムが表示され、ずれたタイムを読み上げることになってしまいますが、時刻を入力する手間に比べたらたいしたことはなさそうです。

     

    ラップタイマー靴了斗佑決まりました。

    でも、またあのプログラム地獄を味わうのは嫌だなあ。

    プログラムを趣味としていないのでもう忘れてしまったし、プログラムを読み取って手を加えていくのもちょー面倒くさいです。

    しかも、タイムが暗算で算出できるので集計用エクセルの計算式や表示も直さなくっちゃだし。

    どうしよう。

     

    ※追記、いまプログラムコードを開けてみましたが、自分で書きかげたものなのにもうすっかり忘れていて読めません・・・。

    これは前途多難だなあ。

     

     

    JUGEMテーマ:ラジコン


    コメント
    コメントする