calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

ブログ村

広告

広告2

KO PROPO ARC Type4 活躍しました

0

    以前にも書いたことがあるけれど、「ラジコン ラップタイマー」で検索してこのブログを訪れる方が多数います。

    きっとラジコン野郎にとっては興味のあるテーマなのでしょう。

    さて、今回はそのラジコン用ラップタイマーの話題です。

    RCカー・ラリーフェスティバル実行委員会では大会で使用するため私が製作したラップタイマーを所有しています。

    実はそれ以外にも、KO PROPO ARC Type4も再販を開始したときに購入し所有してたりします。

    でも、こちらは使用する機会がないのでもったいないなあと思っていたところ、「いいラジ夢気分」様と知り合いました。

    そのときに草レース開催時にラップタイマーがなくて不便というお話を伺いKO PROPO ARC Type4をいいラジ夢気分様に修業に出すことになったのです。

    さて、そのKO PROPO ARC Type4。

    先日の第11回チキチキ540モーター限定ラリースプリント走行会で活躍していました。

    そのKO PROPO ARC Type4の仕事ぶりをちょっとご紹介しましょう。

    まず、WindowsパソコンにUSBケーブルでARC本体を繋ぎます。

    ARC本体の電源はUSBのバスパワーで作動するのでモバイル用のノートパソコンでは作動しないこともあるので注意が必要です。

    (今回パソコン用の電源は車をアイドリングしてそこからひっぱてきました。

    DIYショップで売っているポータブル電源 家庭用蓄電池があれば長時間運用もできそうです。)

    次にアンテナをARC本体に繋ぎます。

    今回はビールケースを杭で打ち付け動かないようにして上部にアンテナを張りました。

    途中で垂れてきて引っかかるかなと心配したのですが、大丈夫でした。

    TD-3(ポンダー)を車体に取り付けます。

    (現在は販売しているポンダーはTD-4となってもっと小型化しています)

    電源は通常レシーバーから引っ張ってくるのですが、今回はボタン電池を使って外部電源式にしてマジックテープをつかって貼り付けます。

    写真にある座布団にしている黒いケースが外部電源。

    (匠の技ともいうべき外部電源の作り方はこちらです。)

    これはこれでお茶目でかわいい。

    ごろごろと転がっても取れることはありませんでした。

    恐るべしマジックテープの粘着力。

    計測ソフトもちゃんと動作しています。

    操作手順はちょっとだけわかりづらいので、慣れるまで少し戸惑うかな。

    まとめです。

    仲間内でわいわいやるときにKO PROPO ARC Type4があればより盛り上がること間違いなしです。

    パソコン画面をみれば誰がどの程度速いのか、周回数も含めてばっちりわかります。

    残念なのが、10台までしか同時計測できないこと。

    再販当初は、Type4(B)があってポンダー番号11〜20まで計測でき、Type4(A)とセットで使用すると20台まで同時計測できました。

    しかしながら、現在はType(B)は販売終了となっており、入手できません。

    私のType4はもちろん(A)。

    あとで必要になったら(B)を買えばいいやと思っていました。

    ちょっと残念です。

    どなたか(B)のシステムと11〜20のDT-3を譲ってくださる方いらっしゃいませんか?

    または、KO PROPO関係者がこの記事をご覧になっていて、倉庫に1台だけあったから使ってくれいっ!てならないかなあ。

    以上、ラジコン用ラップタイマーのお話でした。

     

    JUGEMテーマ:ラジコン


    コメント
    コメントする